前へ
次へ

企業が考える労働相談

就職が難しい世代というのはいつの時代にも何かしらの事情によって問題視されることが多く、また基本的な労働力ということを考えると若い世代から高齢者まで当てはまります。今の時代は高度化や複雑化したアイデンティティの中で活動することがありますので、どうしても個人の納得がいくビジネス形態とはかけ離れてしまうことも当たり前です。また労働相談でも長時間労働という側面が問題かしていることから、企業でも残業をなくす努力をすることをやらざるをえません。これは今までは時間外労働が当たり前とされてきた時代と比べると、大きな企業にとってのマイナスな側面を生む可能性がありますし、反対に乗り切るだけの体力をつけるチャンスでもあります。労働相談では残業代が未払いとか働きすぎの過労を防ぐために、労働基準監督署に相談するケースもよくありますが、これは考えようによってはそれだけ理不尽なことに関して、ものをいうことができるようになったといえます。

Page Top