前へ
次へ

相談者に立場に立った労働相談を利用しよう

労働相談は今や、労働者にとってはなくてはならない存在となっています。職場で何か困ったときの駆け込み寺的な存在として、大きく注目されています。また、それを専門的に扱う機関も数多く展開しており、多くの人が利用しているところです。そんな労働相談を扱う専門機関を選ぶ際に重要視したいのが、スタッフが相談者としっかりとコミュニケーションをとっているか、と言う点です。労働相談は相談者とのコミュニケーションから成り立っていることは言うまでもなく、スタッフと相談者とが円滑にコミュニケーションができなければ、十分満足のいく解決は望めません。相談者に対してしっかりと耳を傾けて、的確なアドバイスをしているかどうかは、非常に重要と言えます。スタッフから相談者への一方的な会話ではなく、スタッフと相談者との双方向の会話を大切にしているかどうか、これこそが労働相談において大切な要素となりますので、こうした点を意識して選ぶようにしましょう。

Page Top