前へ
次へ

労働相談で利用できる場所は何処なのか

労働者は職場で働いている時に、充実感を得られるだけでなく大変な目にあわされてしまう事があります。パワハラやセクハラは有名ですし、長時間労働やサービス残業等も大きな労働問題です。労働基準法で労働者の権利は守られていますが、長時間労働やサービス残業も労働基準法違反に該当してくる可能性がありますから、労働基準監督署に労働相談をする事が大切です。労働者の方はそれぞれの仕事のスキルは持っていても、労働基準法等の法律の知識を持っていない方も多いので、知らず知らずの内に労働基準法違反に該当する状態で働かされてしまっているリスクがありますから、問題が深刻化する前に労働基準監督署に相談をした方が安全です。長時間労働は生命に影響を与える事もありますから、非常に危険な状態ですが、環境に慣れてしまうと無理をしてしまう可能性があります。亡くなってしまってからでは遅いので労働相談を利用するべきですが、労働基準監督署にいきなり相談するのが不安な場合は市役所や県庁等でも対応してくれるケースがあります。各都道府県の県庁等には労働問題についての相談を対応できるサービスが用意されている事があるので、先ずは市役所等に相談するのも選択肢になります。市役所等で相談をする場合は事前にそのようなサービスがあるのかを市役所や県庁に問い合わせる事が大切ですし、あった場合は予約の有無等も聞いておくと相談をする時に便利です。市役所や県庁での相談は基本的に悩みの内容を聞き取り何処に相談すればいいのかを教えてくれる感じになるので、自分の抱えている労働問題を何処に相談しに行けばいいのかが分からない時に利用すると便利です。パワハラやセクハラ等は労働局を紹介される事がありますが、労働局は労働基準監督署よりも幅広い労働問題の相談に乗ってくれるので、とても頼りになります。弁護士に相談をしたい場合は、法テラスという存在もあるので、労働相談をする場所は沢山ありますから、とても心強いです。

ユニフォーム クリーニング

https://www.tama-p.co.jp/
足りなくなったパーツすぐにお運びいたします

https://www.kakutaminshuku.com
旅行のお客様はもちろん、出張や長期滞在などお気軽にご利用いただけます

福岡 消防点検

https://haitatsu-navi.com/hitorigurashi-yasui-shokuzaihaitatsu/
自炊はしたいけど、買い物が面倒というあなたにおすすめの食材宅配サービスをご紹介

Page Top