前へ
次へ

メニュー

犯罪被害に遭った場合の相談窓口について

犯罪被害に遭ってしまった場合には、加害者に対して刑事罰を問うことができるだけでなく、被ってしまった被害の弁償、すなわち損害賠償を求めることができるようになっています。しかし、被害者には何ら法的知識がない場合が多いですし、そもそも被害に遭ったことによるショックを受けています。そこで、法律の専門家のサポートを受ける必要が出てくるわけですが、どこに相談すればよいのかすらわからない人が大半です。そのような時に利用できるのが、全国各地の弁護士会に設置されている犯罪被害者法律相談窓口です。弁護士に相談すれば、具体的に犯罪被害者が取ることができる対応策の種類やその流れを知ることができますので、泣き寝入りを避けることができます。

top用置換

top用置換2
Page Top